CSSの基本と応用について

CSSのみで実装するメリット

複雑なスクリプトなどを用いることなくCSSのみで動くwebサービスは多くのメリットがあります。 ユーザーの視点から考えるとサイト自体が軽いため軽快な動作やレスポンスを得ることができます。複雑なスクリプトを使用しているwebサイトの場合どうしてもロードの時間が必要になるためユーザーがロード前に離脱するという機会損失が発生するリスクがあります。またCSSはブラウザのみで実行することができるためサイトにアクセスしてくるユーザーの環境を選ぶことなくコンテンツを提供することができる点も大きな武器になっています。メニュー部分や自動的に切り替わる広告部分などにCSSの技術が使用されておりその領域は年々拡大を続けています。

CSSの応用と将来性

CSSが登場した当初は比較的単純なデザインの装飾などが主な役割でした。 CSSに対応するブラウザが普及するに伴い様々な応用方法が開発され実装されてきたという歴史を持っています。それまでjavascriptなどのスクリプト言語で動かしていた部分をCSSで代用させるという考え方が広がったのもこの時期になります。いつの時代でも軽くて素早く処理できるサイトというのはユーザー満足度が高い傾向にあり年々情報量や処理速度が遅くなっていたwebの世界に新たな可能性をもたらした点では大きく評価されるところです。こんごはHTML5との併用などにより、一層の応用やその普及が注目されています。web制作の現場などではCSSの技術は必須スキルになっています。