image

初心者でも理解しやすいCSSの基本

意外と知らない!?CSSを使うことのメリット!

CSSは、ホームページなどを制作する際に使用する言語です。 単体で使用するものではなく、HTMLとセットで使用されることが多いもので、HTML内に記載することもありますが、一般的にはCSS用のファイルを用意して使用します。 HTMLのファイルにはページの骨組みや内容を記載し、CSSのファイルにはページの装飾の部分を記載します。ページの装飾というのは、文字の大きさや色などのデザイン要素を指します。色々とできることはありますが、簡単なところでは、文字を大きくしたり、フォントを変えたり、色を変えたりすることができます。 装飾と骨組みを分けることによって、ホームページのメンテナンスがしやすくなるということが、CSSを使う最大のメリットでしょう。

一番単純で有効なCSSの使い方!

ホームページの作り方は色々あって、最近はフリーのテンプレート素材があったり、簡単に更新できるような仕組みが用意されていることもあります。1から自分で作ることは難しいので、まずはCSSの見方を覚えておくとよいでしょう。 文字に装飾を施したい場合には、フォント・色・大きさ・太さなどを決める必要があります。 まずはその装飾のセットについて名前を決めます。これをスタイル名と呼びます。 同じ装飾を複数の箇所で使用したい場合には、分かりやすく使いやすい名前を付けておくとよいでしょう。 全部のページのタイトルで同じ装飾を使いたい場合には、「main-title」などのような名前にしておくと、後で何の目的で造ったスタイルなのかが分かりやすくてメンテナンスがしやすくなります。 また、コメントを記載することもできますので、スタイルについての説明を書いておけば、複数人数で管理するような場合には便利です。