CSSの基本の学び方

CSSの基本について

CSSとは、スタイルーシとと言われ、カスケーディングスタイルシートの略です。基本的には、htmlやXHTMLなどで使われるclassやidにスタイルを適用する際に使用されます。 主にcssでは、装飾を行います。たとえば、色やサイズ、表示スタイル、印刷出力スタイル等、表示に出力に再生を指定することが可能となる。 現在は、ジャバスクリプトに近い動きまで再現出来るようになっている。まだ勧告されてないものもありますが、今後、ジャバスクリプト並みに動きがあるサイトをcssで再現できると思われます。覚えても損がないむしろ覚えないとweb制作に欠かせない言語なので、htmlを覚えたばかりの方は、しっかり学んだ方がよいかと思います。

基礎的なcssの使い方

まず各要素型セレクタを覚えましょう。使用例で言えばp{color:red;}など。 これを先に覚えればあとは似たような形なので、Classセレクタ、Idセレクタをなどを覚えていきましょう。 IDとCLASSについては、任意で決めるセレクタです。ただしIDは一回限り、CLASSは何度でも使ってもよいとう規定はありますので、十分気にして使用してください。その後は、疑似クラスを覚えましょう。疑似クラスとは例えば、未訪問リンクの色を変えたり、訪問済みの色を変えたりとユーザーにとって分かりやすく変化させるものです。ここまで覚えれば、中級クラスと言えるでしょう。覚え方はたくさんあると思いますが、本気で覚えたい方は最新の参考書をおすすめします。中古本だと勧告されているタグや要素、クラスが書かれてない場合もありますので注意しましょう。