必ず押さえておきたいCSSの基本は?!

CSSの使用方法と要素について

CSSとはCascading Style Sheetの略称で、一般的にはスタイルシートと呼ばれ、Webページの表示書式を設定するための言語です。CSSファイル内で一括して指定することも可能なため、HTML文書の記述を簡略化することにも繋がり、わかりやすいコーディングをするための助けにもなります。 CSSファイルは、headタグ内のlink要素で宣言することで、HTML文書内で使用できるようになります。基本的な書式は、セレクタ、プロパティ、値からなり、セレクタでは適用する要素を、プロパティではスタイルの種類を、値はプロパティに適用すべき値をそれぞれ指定します。 例えば、h2{color.red}であれば、見出し要素のh2タグを使用している部分では文字色を赤にする、という意味になります。

class属性とid属性について

要素の書式指定は、一括指定以外にも一部分だけ個別に指定することができます。 個別に指定するには、class属性あるいはid属性を使用しますが、class属性もid属性も結果は同じになります。但し、class属性は同じページで何度でも利用することができますが、id属性は同じページ内では1度しか使用できないため、使い分ける必要があります。また、CSSファイル内での記述方式も異なり、class属性の指定は直前に.(ドット)を使用するのに対し、id属性では#を使用します。 一般的には使いやすいclass属性だけで事足りることもありますが、id属性はページ内リンクの作成など、ページ内で一つと決まっている箇所の指定などで利用されます。 このように、CSSの基本的な書式を使用するだけでも、HTMLの記述の幅が広がります。